ホーム > 防災・緊急情報 > 土砂災害に備えて
防災・緊急情報

土砂災害に備えて
釧路町の土砂災害危険箇所を知ろう
土砂災害危険箇所マップ
区 分 説 明
急傾斜地危険箇所 傾斜度30度以上、高さ5m以上の急傾斜地で人家や公共施設に被害を及ぼすおそれのある急傾斜地及びその近接地 92箇所
土石流危険渓流 渓流の勾配が3度以上あり、土石流が発生した場合に人家や公共施設等の被害が予想される危険区域 103渓流
地すべり危険箇所 地形図や過去の災害履歴などから地すべりが発生する可能性があり、人家や公共施設等に被害が予想される箇所 5箇所

上記危険箇所のうち土砂災害警戒区域(特別警戒区域)に指定されている箇所数及び箇所
区 分 警戒区域 うち特別警戒区域
区域数 地点名
急傾斜地 9箇所 6箇所 別保1丁目1
別保1丁目2
別保3丁目1
別保8丁目2
別保8丁目3
別保10丁目
土石流 3渓流 2渓流 オビラシケ2の沢川
別保右の沢川
下寺の沢川
地すべり - - -

  ●釧路町内土砂災害危険箇所一覧・地図(山間部)
  ●釧路町内土砂災害危険箇所一覧・地図(海岸部)
  ●釧路町土砂災害警戒区域概要図



避難勧告等により立ち退き避難が必要な住民に求める行動

区 分 説 明
避難準備情報 気象情報に注意を払い、立ち退き避難の必要について考える。
立ち退き避難が必要と判断する場合は、その準備をする。
(災害時)要配慮者は、立ち退き避難する。
避難勧告 立ち退き避難する。
避難指示 直ちに立ち退き避難する。
ただし、立ち退き避難によりかえって危険が及ぶおそれがある場合は、屋内での安全確保を図る。



避難勧告等を発令した場合の伝達方法

 避難勧告等の発令にあたっては、大雨による土砂災害発生の危険度が高まったときに発表される「土砂災害警戒情報」をもとに、大雨時の避難そのものに危険が伴うこと等を考慮し、台風等による豪雨や暴風の襲来が予測される場合には早期に発令するなど、総合的に判断します。
 また、避難勧告の周知については釧路町から対象住民に対して「防災行政無線」、「広報車巡回」、「エリアメール」等で伝達します。



避難する場所

 急傾斜地などからなるべく離れた頑強な建物に避難するか、町から指示のある地区(地域)指定避難場所に避難してください。



北海道発行/土砂災害に関する情報(表面) 北海道発行/土砂災害に関する情報(裏面)

(参考)北海道/土砂災害に関する情報


【関連リンク先】
  ●土砂災害警戒判定メッシュ情報(気象庁) http://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/
  ●北海道土砂災害警戒情報システム(北海道) http://www.njwa.jp/hokkaido-sabou/
  ●釧路建設管理部厚岸出張所管内土砂災害危険箇所図(旧釧路土木現業所/北海道)
    http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/kk/kkk/doshasaigai/map/area/akk2-1.htm

このページに関するお問い合わせ

    お問い合わせ先総務部総務課防災車両係

    〒088-0692 北海道釧路郡釧路町別保1丁目1番地

    電話:0154-62-2271 (FAX:0154-62-2713)