ホーム > くらしの窓口 > 国民健康保険の脱退
くらしの窓口

国民健康保険の脱退

  2015年3月10日

国民健康保険制度とは


 国民健康保険(国保) は、加入者が病気やケガなどをしたときに、経済的負担ができるだけ軽く済むように、加入者の収入に応じてお金を出し合い、医療費にあてる制度です。

脱退手続


届出しなければいけない方と必要なもの


他の市町村へ転出するとき

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 高齢受給者証(※)
  • 限度額適用(標準負担額減額)認定証
  • 特定疾病療養受療証(※)

  • 職場の健康保険に加入したとき・職場の健康保険の被扶養者になったとき

  • 国民健康保険と職場の両方の被保険者証
  • 印鑑
  • 高齢受給者証(※)
  • 限度額適用(標準負担額減額)認定証(※)
  • 特定疾病療養受療証(※)

  • 生活保護が開始されたとき

  • 生活保護開始連絡票
  • 印鑑
  • 被保険者証
  • 高齢受給者証(※)
  • 限度額適用(標準負担額減額)認定証(※)
  • 特定疾病療養受療証(※)

  • 死亡したとき

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 高齢受給者証(※)
  • 限度額適用(標準負担額減額)認定証(※)
  • 特定疾病療養受療証(※)

  • 後期高齢者医療制度の資格を取得したとき

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 高齢受給者証(※)
  • 限度額適用(標準負担額減額)認定証(※)
  • 特定疾病療養受療証(※)

  • 注:(※)はお持ちの方のみ

    届出期間


     保険資格を失った日から14日以内に届出が必要です。

    届出場所


     役場住民課または支所の窓口


    限度額適用(標準負担額減額)認定証


     医療機関で提示すると、入院及び外来で限度額(所得に応じて変わります)以上支払う必要がなくなり、住民課非課税世帯の方は食事代も減額されます。

    対象(いずれか)


  • 69歳以下の国保加入者全員
  • 70歳から74歳の国保加入者で町民税非課税世帯の方
    ※ただし、国保税に滞納がある場合は交付されないことがあります。

  • 申請


     必要

    申請期間


     随時

    申請場所


     役場住民課、支所

    申請に必要なもの


  • 国民健康保険証
  • 印鑑
  • 申請する年の1月1日に住んでいた市区町村の課税証明書(申請する年の1月2日以降に転入した方)
  • この手続きに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先総務部住民課保険年金係

      〒088-0692 北海道釧路郡釧路町別保1丁目1番地

      電話:0154-62-2117 (FAX:0154-62-2152)