ホーム > くらしの窓口 > 国民年金の加入
くらしの窓口

国民年金の加入

  2015年3月10日

国民年金とは


 国民年金は、保険料を積み立てることによって、老齢・障害・死亡の時などに国が支給する年金です。

加入しなければならない方(1号被保険者)


 20才以上60歳未満の方で、第2号被保険者(厚生年金に加入の会社員、共済組合に加入の公務員)、第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)以外の方

年金の種類


老齢基礎年金

保険料を納めた期間(免除期間を含む)が25年以上ある方が、65歳以上に達したときに支給されます。

障害基礎年金

国民年金加入中にケガや病気により障がい者となったとき、20歳前にケガや病気により障がい者になった方が20歳になったときに支給されます。

遺族基礎年金

国民年金の被保険者期間中の死亡、または老齢基礎年金を受ける資格期間(原則として25年)を満たした方が死亡したときに、その方によって生計を維持されていた子のいる妻、または18歳未満の子か、20歳未満の障がいのある子に支給されます。


加入手続


届出しなければいけない方と必要なもの


20歳になったとき

  • 印鑑

  • 町に転入してきたとき

  • 印鑑
  • 年金手帳

  • 厚生年金、共済組合をやめたとき

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 退職日がわかる書類

  • 厚生年金、共済組合の加入者の扶養から外れたとき

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 扶養から外れた日がわかる書類

  • 氏名や住所が変わったとき

  • 印鑑
  • 年金手帳

  • 年金手帳をなくしたときや破損したとき

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 身分証明書

  • 届出場所


     役場住民課または支所の窓口
    この手続きに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先総務部住民課保険年金係

      〒088-0692 北海道釧路郡釧路町別保1丁目1番地

      電話:0154-62-2117 (FAX:0154-62-2152)