ホーム > くらしの窓口 > 空き地対策
くらしの窓口

空き地対策

  2015年3月24日

 町では、空き地の環境保全の適正化を図ることにより、害虫等の発生源や火災発生の原因になることを防止するため、平成10年に「釧路町空き地の環境保全に関する条例」を定めています。

空き地の除草の必要性


 雑草を除草せずに放置すると…
  • 蚊や毛虫などの害虫の発生源となります。
  • 空き缶やごみの不法投棄が増えます。
  • 枯れ草の火災(野火)の原因となります。
  • 防犯灯などの光を妨げ、夜間の犯罪を誘発します。

  •  以上のことから、年2回程度の除草を実施する必要があります。


    町の取り組み


    空き地所有者への除草奨励

     対象地域の空き地を現地調査し、除草を行っていない所有者に対し、除草を実施するよう依頼しています。

    除草等の委託

     空き地所有者が自ら除草を実施できない場合、除草が円滑に実施できるよう、町に発注できる体制を構築しています。(協定を締結した民間事業者が除草を実施しています)
     ※費用は個人負担となります
    この手続きに関する資料
    この手続きに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先総務部住民課環境対策係

      〒088-0692 北海道釧路郡釧路町別保1丁目1番地

      電話:0154-62-2119 (FAX:0154-62-2152)