ホーム > くらしの窓口 > 身体障害者手帳
くらしの窓口

身体障害者手帳

  2015年3月9日

身体障害者手帳とは



 身体障害者手帳は、身体障害者福祉法に基づき身体に障がいがあると認められた方が、様々な福祉サービスを利用するために必要な手帳です。
 手帳の交付対象となる障がいは、視覚、聴覚、平衡機能、音声機能、言語機能、そしゃく機能、肢体不自由、心臓機能、じん臓機能、呼吸器機能、ぼうこう機能、直腸機能、小腸機能、肝臓機能、免疫機能に関するものであり、障がいの程度により、1級から7級までの区分があります。

届出が必要な場合



 下記のような場合には届出が必要です。その内容によって必要なものが違いますのでご注意ください。

届出なければならない場合と届出に必要なもの


○新規に申請するとき
 診断書、写真、印鑑

○住所・氏名が変わったとき
 手帳、印鑑

○手帳を紛失・破損したとき
 写真、手帳(破損した場合)、印鑑

○本人が死亡したとき
 手帳、印鑑

○障がいの程度が変わったとき
 診断書、写真、手帳、印鑑

※申請書・診断書の様式は、あいぱーる・各支所にあります(別保の本庁以外)。
※写真は、縦4cm×横3cmのものが必要になります。
※診断書は、身体障害者福祉法第15条第1項の規定による指定医師に記載してもらう必要があります。

届出窓口



  • 福祉課窓口(あいぱーる内)

  • 各支所窓口(本庁は不可)
  • この手続きに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先健康福祉部福祉課障がい福祉係

      〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1

      電話:0154-40-5208 (FAX:0154-40-5240)