ホーム > くらしの窓口 > ひとり親家庭等医療費助成に関する手続き
くらしの窓口

ひとり親家庭等医療費助成に関する手続き

  2017年3月21日

ひとり親家庭の医療費等の一部を助成します。

受給要件



対象(全てを満たす方)


  • 釧路町に住民登録または外国人登録をしている
  • 健康保険に加入しているひとり親家庭等(母子又は父子家庭)の母及び20歳未満のお子さん

  • 上記に該当するが対象とならない方


  • 生活保護を受給している方
  • 児童福祉法に規定する措置により、里親に委託され、又は児童福祉施設に入所し医療の給付を受けている方
  • 乳幼児等医療、重度心身障がい者医療の助成を受けている方
  • 事実婚(婚姻はしていないが、婚姻と同様の状態にあること)の方
  • 規則で定める所得制限額を超えている方

  • 所得制限額


    扶養親族等の人数(人)・・・所得制限限度額(円)

  • 0人・・・2,360,000円
  • 1人・・・2,740,000円
  • 2人・・・3,120,000円
  • 3人・・・3,500,000円
  • 4人以上・・・以下1人につき380,000円ずつ加算

  • 助成の内容


    母又は父

  • 入院にかかる費用(保険適用分)
  • 20歳未満のお子さん

  • 入院、通院にかかる費用(保険適用分)
  • ※保険適用外のもの、入院時の食事にかかる費用等は自己負担となります。

    申請場所


    釧路町保健福祉センターあいぱーる内 こども健康課こども家庭係の窓口、各支所窓口

    申請に必要なもの


    印鑑(シャチハタ不可)

    対象となるお子さんの健康保険証

    戸籍謄本

    (高校卒業後〜20歳の誕生月までのお子さんの場合)在学証明書及び民生委員の証明

    所得課税証明書(所得額・扶養人数・控除内容が記載されているもの)

  • 1月〜7月に受給資格を取得する場合には前年度の証明書
  • 8月〜12月に受給資格を取得する場合には本年度の証明書
  • ※該当年の1月1日時点で釧路町内に住民登録している方については提出する必要がありません。

    個人番号について


    ※平成28年1月の個人番号制度開始により、乳幼児等医療の申請を行う際に本人確認と個人番号確認が必要になりますので、申請の際には必ず「申請者本人であることが確認できる書類(個人番号カード、免許証等)」をお持ちください。個人番号確認が必要となる手続きは次のとおりとなっております。
    出生、転入等

  • 保護者、対象児童
  • 受給者、配偶者、児童の個人番号に変更があったとき

  • 個人番号等に変更があった方
  • ※個人番号カードや免許証等、顔写真付の本人確認書類については1点で本人確認ができます。ただし保険証や年金手帳等、顔写真がついていない本人確認書類については2点を提示していただきます。

    病院で自己負担分(2割または3割)を支払った場合


     釧路管内以外の病院を受診、または医療証を持参しなかったため病院の窓口で自己負担分を支払った場合、町に申請することにより本来助成される金額の払い戻しを受けることができます。下記のものをご持参の上、町へ申請してください。
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 領収書の原本
  • 保護者名義の通帳

  • その他手続きが必要になる場合


    以下の場合は、健康保険証、ひとり親家庭等医療費受給者証、印鑑を持参の上、手続きが必要になります。
    住所、氏名、健康保険証に変更があったとき

    他市区町村に転出するとき

    受給資格対象者が亡くなったとき

    生活保護を受給するとき

    ほかの医療助成を受けることになったとき

    児童福祉施設等に入所し、医療の給付を受けることとなったとき
    この手続きに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先健康福祉部こども健康課こども家庭係

      〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1

      電話:0154-40-5213 (FAX:0154-40-5240)