ホーム > くらしの窓口 > 介護保険被保険者証と負担割合証
くらしの窓口

介護保険被保険者証と負担割合証

  2016年12月19日

介護保険被保険者証の交付


 介護保険被保険者証(ピンク色)は、65歳以上の方みなさんに、40歳から64歳までの方には要介護認定等を受けた方や被保険者証の交付申請をした方に交付しています。
 この被保険者証は、介護保険の被保険者である証明書であるとともに、介護サービスを利用するときなどに欠かせないものです。被保険者証には有効期限がありませんので、大切に保管してください。


被保険者証を使用するとき


 介護保険被保険者証は下記のようなときに使います。
  • 要介護認定の申請をするとき
  • ケアプランを作成するとき
  • 介護サービスを利用するとき
  • 介護予防健診を受けるとき


  • 届出が必要な場合


     下記に該当する場合には必ず届出が必要です。なお、届出の際には「印鑑」と「被保険者証」を必ずお持ちください。

    届出が必要なとき


  • 他の市町村へ転出するとき
  • 氏名や世帯に変更があるとき
  • 被保険者が死亡したとき
  • 紛失したり、汚れたりして使えなくなったとき

  • 届出窓口


     釧路町介護高齢課介護保険係(釧路町保健福祉センター1階)


    介護保険負担割合証の発行


     介護保険負担割合証が発行されます。要支援、要介護認定を受けた人全員に、利用者負担の割合(1割または2割)が記載された「介護保険負担割合証」が発行されます。
     一定以上の所得のある人は利用者負担が2割になります。この負担割合証は、介護サービスを利用するときに欠かせないものであり、1年間の有効期限があります。
    この手続きに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先健康福祉部介護高齢課介護保険係

      〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1

      電話:0154-40-5217 (FAX:0154-40-5240)