ホーム > くらしの窓口 > 介護保険制度のしくみ
くらしの窓口

介護保険制度のしくみ

  2016年12月19日

 介護保険制度は、介護が必要な方や家族の負担を社会全体で支え、介護が必要になっても住み慣れた地域でできる限り自立した生活を送るための制度です。

介護保険のしくみ

介護保険に加入する人、サービスを利用できる人


 介護保険は40歳以上の方が住んでいる市区町村の運営する介護保険の加入者(被保険者)となりますが、年齢によって加入区分が違い、サービスの利用対象者も違います。

サービスを利用できる方


65歳以上の方(第1号被保険者)

  • サービスを利用できるのは介護が必要と認定された人
    (どんな病気やけがが原因で介護が必要になったのかは問われません)

  • 40歳から64歳の方で医療保険に加入している方(第2号被保険者)

  • サービスを利用できるのは老化が原因とされる病気(特定疾病)により、介護が必要であると認定された人(特定疾病以外の原因で介護が必要になった場合は対象にはなりません)
    ※65歳または40歳に到達した場合の資格取得日は、誕生日の前日となります。

  • 特定疾病とは


    特定疾病とは以下の疾病をいいます

    疾病の種類


     がん(末期)、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症 
     後縦靭帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、早老症、初老期における認知症
     進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
     脊髄小脳変性症、脊柱管狭窄症、多系統萎縮症、糖尿病性神経障害
     糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症
     慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
    この手続きに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先健康福祉部介護高齢課介護保険係

      〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1

      電話:0154-40-5217 (FAX:0154-40-5240)