マイナンバーで、もっと便利に暮らしやすく

マイナンバーってなに?
マイナンバー(個人番号)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の数字のみで構成される番号のことで、平成27年10月から住民票を有する全ての国民にマイナンバーが通知されます。個人番号の通知は、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバーが記載された「通知カード」を送ることによって行われます。
マイナンバーは、番号が漏洩し不正に使われるおそれがある場合を除いて一生変更されることはありません。ぜひ大切にしてください。
個人番号と通知カード

通知カード


平成27年10月に、住民票の世帯ごとにマイナンバーが記載された「通知カード」が送付されます。この通知カードは、個人番号カードの交付を受けるまでの間行政機関の窓口等で、マイナンバーの提示を求められた際に利用することとなりますので大切に保管してください。
  • 紙製で表面にマイナンバー、氏名、住所、生年月日、性別が記載されたカードです。
  • 顔写真を貼付しないため、身分証明書として利用することができません。
  • 有効期限は定められていません。
  • 通知カード単体では、個人番号を確認する場面で、マイナンバー法上義務付けられている本人確認には利用することができません。
  • マイナンバー法上義務付けられている本人確認をする際は、通知カードのほかに身元確認として運転免許証やパスポート等の提示が必要となります。
  • 個人番号カード


    平成28年1月以降、釧路町に申請することで個人番号カードが交付されます。この個人番号カードは、無料で取得でき本人確認に利用できる公的身分証明書で、様々なサービスに利用することが可能となります。
  • プラスチック製で表面に氏名、住所、生年月日、性別、本人の顔写真が記載され、裏面にはマイナンバー等が記載されICチップが搭載されます。
  • 身分証明書として利用することができます。
  • 個人番号を確認する場面で、マイナンバー法上義務付けられている本人確認に利用することができます。
  • ICチップに記録される電子証明書を用いて、e-Taxなどの電子申請を行えます。
  • 有効期限が設けられています。(20歳未満::5年間、20歳以上::10年間)
  • マイナンバーをきちんと受け取る ポイント1 住所を確認する
    原則として、マイナンバーは住民票の世帯ごとに送付されます。
    住民票の住所と異なるところにお住まいの方は、受け取ることができない可能性がありますので住民票の異動をお願いします。
    ポイント2 書留の中身を確認する
    マイナンバーは簡易書留で届きます。以下の3つが入っているか確認しましょう。
  • マイナンバーの「通知カード」
  • 「個人番号カード」の申請書と返信用封筒
  • 説明書
  • ポイント3 個人番号カードを申請する
    個人番号カードを申請しましょう。申請方法は主に4通りあります。
           
  • 郵送で申請
  •   個人番号カードの申請書にご本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵便ポストへ        
  • スマートフォンで申請
  •   スマートフォンで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請        
  • パソコンで申請
  •   デジタルカメラで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請         
  • まちなかの証明用写真機で申請 ※個人番号カードの申請に対応しているものと対応していないものがあります
  •   交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざしたあと、顔写真を撮影し画面の案内にしたがって申請
    ポイント4 個人番号カードを受け取る
    平成28年1月以降、ご本人が市町村の窓口で受け取れます。その際には以下の3つが必要となります。
  • 大切に保管していた「通知カード」
  • 個人番号カードの準備ができたことを知らせる「交付通知書」
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • マイナンバーが必要となる場面
    平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要になります。マイナンバーは、年金・雇用保険・医療保険の手続、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続などで、申請書等に記載を求められることとなります。
    マイナンバーは安心・安全な仕組み システム面と制度面のセキュリティ対策
    個人情報が外部に漏えいするのではないか、他人のマイナンバーでなりすましが起こるのではないか、といった懸念の声に対し、安全・安心を確保するため、制度・システムの両面から個人情報保護の措置を講じています。
    制度面の措置としては、法律に定めがある場合を除き、マイナンバーを含む個人情報の収集・保管を禁止しています。特定個人情報保護委員会という第三者機関が監視・監督を行うほか、法令違反の罰則も重くなっています。
    システム面の措置としては、まず個人情報を一元管理するのではなく、従来どおり、年金の情報は年金事務所、税の情報は税務署といったように分散して管理します。また、行政機関の間で情報のやりとりをするときも、マイナンバーを直接使わずシステムにアクセスできる人を制限し、通信する場合は暗号化を用います。
    マイナポータルについて
    マイナポータルとは、政府が中心となり運営するオンラインサービスで、子育てに関する行政手続きがワンストップで行えたり行政からのお知らせが自動的に届いたりするサービスです。
    また、引越しなどの際の官民横断的な手続のワンストップ化や納税などの決裁をキャッシュレスで電子的に行うサービスも検討されています。
    なお、なりすましの防止等、情報セキュリティに十分に配慮する必要があることから、マイナポータルを利用する際は、個人番号カードに格納された電子情報とパスワードを組み合わせて確認する公的個人認証を採用し、本人確認を行うための情報としてマイナンバーを用いない仕組みが考えられています。
    マイナポータルを利用するために必要なものは?
    マイナポータルを利用するにあたっては、本人認証を行うために個人番号カード、個人番号カードを読み取るためにICカードリードライタ、個人番号カードを認証しマイナポータルを閲覧するためにパソコンが必要となります。
    なお、マイナポータルの利用する際には、個人番号カードに記載された電子証明書を利用するためのソフト(利用者クライアントソフト)をダウンロードする必要があります。
    マイナポータル(外部リンク)


    特定個人情報について
    特定個人情報保護評価とは、特定個人情報ファイルを保有しようとするまたは保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏洩、その他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。
    番号制度に対する懸念(国家に対する個人情報の一元管理、特定個人情報の不正追跡・突合、財産その他の被害等)を踏まえた制度上の保護措置のひとつで、事前対応による個人のプライバシー等の権利利益の侵害の未然防止及び国民・住民の信頼の確保を目的としています。

    評価の対象は、特定個人情報ファイルを取り扱う事務となっており、しきい値判断によって基礎項目評価・重点項目評価・全項目評価の区分に分けられます。ただし、しきい値判断によって評価の実施が義務付けられない事務もあります。
    特定個人情報保護評価の公表について
    特定個人情報保護評価書は、ホームページ等で公表することが義務付けられています。釧路町では、しきい値判断により16の事務が特定個人情報保護評価の対象事務となります。
    ※平成29年1月10日時点
    区分 評価書番号 評価書名
    基礎項目評価 1 釧路町住民基本台帳関連事務 評価書(PDF形式::120KB)
    基礎項目評価 2 釧路町児童福祉法関連事務 評価書(PDF形式::84KB)
    基礎項目評価 3 釧路町予防接種関連事務 評価書(PDF形式::82KB)
    基礎項目評価 4 釧路町身体障害者障害福祉サービス関連事務 評価書(PDF形式::60KB)
    基礎項目評価 5 釧路町地方税賦課関連事務 評価書(PDF形式::103KB)
    基礎項目評価 6 釧路町国民健康保険資格管理・給付関連事務 評価書(PDF形式::71KB)
    基礎項目評価 7 釧路町国民年金関連事務 評価書(PDF形式::64KB)
    基礎項目評価 8 釧路町知的障害者障害福祉サービス関連事務 評価書(PDF形式::60KB)
    基礎項目評価 9 釧路町母子保健法関連事務 評価書(PDF形式::70KB)
    基礎項目評価 10 釧路町児童手当関連事務 評価書(PDF形式::64KB)
    基礎項目評価 11 釧路町後期高齢者医療関連事務 評価書(PDF形式::113KB)
    基礎項目評価 12 釧路町介護保険関連事務 評価書(PDF形式::74KB)
    基礎項目評価 13 釧路町健康増進事業関連事務 評価書(PDF形式::78KB)
    基礎項目評価 14 釧路町障害者総合支援法関連事務 評価書(PDF形式::88KB)
    基礎項目評価 15 釧路町子ども・子育て支援法関連事務 評価書(PDF形式::65KB)
    基礎項目評価 16 釧路町臨時福祉給付金関連事務 評価書(PDF形式::62KB)
    基礎項目評価 17 釧路町寄附金税額控除に係る申告特例(ふるさと納税ワンストップ特例)関連事務 評価書
    (PDF形式::72KB)
    情報連携を行う独自利用事務って?
    社会保障・税番号制度では、地方公共団体において番号法第9条第2項の規定に基づき独自にマイナンバーを利用する事務(独自利用事務)について番号法第19条第8号に基づき、情報連携を行うことができます。情報連携とは、マイナンバー制度の仕組みを活用して、同一の者に関する個人情報を他の機関との間で迅速かつ確実にやり取りすることであり、行政機関間の情報のやり取りを効率化するとともに、住民の事務負担を軽減し利便性を向上させることを目的とします。
    届出書等の公表について
    情報連携を行う独自利用事務について、個人情報保護委員会が定める規則に基づき、個人情報保護委員会が認めた事務の届出書を地方公共団体のホームページで公表することとされています。なお、届出書については個人情報保護委員会に承認され次第、公表します。
    No 課名等 事務名 届出書
    1 こども健康課 釧路町乳幼児等医療の助成に関する条例(昭和48年釧路村条例第28号)による乳幼児等医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの ※届出書
    2 こども健康課 釧路町重度心身障害者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例(昭和48年釧路村条例第29号)によるひとり親家庭等医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの ※届出書
    3 福祉課 釧路町重度心身障害者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例(昭和48年釧路村条例第29号)による重度心身障害者医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの ※届出書
    マイナンバー制度の詳細について マイナンバー制度の詳細について マイナンバーに関するお問い合わせ
    ※このページは、内閣官房社会保障・税番号制度ページ及び政府広報オンラインページを参照に作成しています。